太陽光発電 費用対効果

太陽光発電の費用対効果

太陽光発電の費用対効果

太陽光発電は環境のためはもちろんの事ですが、導入される家庭にとっては発電設備を設置することによってどれだけ費用対効果が出るのかというのも多くの人が知りたい事でしょう。
先日の朝日新聞に紹介されていたケースでは、220万円で導入、月額23000円以上の儲けが出ている。順調にいけば8年足らずで元が取れる。そのような内容で紹介されていたので、ある程度参考になるのではないでしょうか。

さて、太陽光発電は一般的な家電製品と大きく異なる点があります。それは、太陽光発電は電気を生み出すことのできる生産設備だということです。

10年どころかそれ以上の長期間にわたり電気をつくることができるのが太陽光発電なのです。

しかし、太陽光を電気に変換するためには機械を設置すれば安泰というわけではありません。太陽光発電は、天候によって発電量が大きく左右されます。太陽光発電はその名の通り太陽の光から電気をつくる仕組みなのですが日射量によって発電量が変動するのです。

当然、太陽の光が無ければ発電することは出来ませんので必然的に夜の時間帯は発電することは出来ません。

また日中であっても曇っている場合や、太陽の高度によっても稼動効率は異なってきます。
太陽が高い位置にあるほど日射量が多くなり、より多くの電気を発電させる事が出来ます。
太陽の位置は季節により変わりますし、また日本は四季の関係で天候が変動します。
梅雨の時期ですと曇りの日が多くなってしまいますので発電効率は低下します。

場所によっても太陽光発電の稼働率は変わります。
全国平均値では稼働率は時間の比率で12%、一年間で1000時間は稼動すると考えられています。

ユーザーの立場としては当然発電効率の良い場所で使用したいと考えると思います。
気象庁に太陽光発電の稼働率のデータも公表されておりますので気になる方は参考に一度見てみてはいかがでしょうか。


| トップページに戻る | 埼玉県の補助金 >>