太陽光発電 主流

太陽光発電は今後の主流になるのか?

太陽光発電は今後主流の発電か?

環境に優しい電力供給の仕組みとして太陽光発電という方法があります。ソーラーパネルを屋根の上に設置するなどの方法で太陽の光を発電に利用するものです。

 

火力発電などに比べて太陽の光を利用する発電方法なので環境に影響を与えることなく電気を蓄積することができます。

 

地球温暖化への対策として二酸化炭素の排出が求められている中で、自然エネルギーを利用した方法の一つです。

 

一般的の太陽電池と呼ばれている発電方法は、太陽の光のエネルギーを利用して電気を起こす事の出来るシステムです。実際に太陽の光を受けて発電する事が出来るのでは太陽光パネルと呼ばれるものです。

 

この太陽光パネルが光にあたることにより直流の電気が発生し、更にこの直流電気を家庭でも使用する事の出来る交流に変換するためにパワーコンディショナーと呼ばれる機械を使います。家庭で太陽光を行うためには最低限、太陽光パネルとパワーコンディショナーの機械を準備する必要があるわけです。

 

使い始めるまでに最初の準備がなかなか大変かもしれません。また太陽の光を利用して電気を作るため、天気が悪い時には電気を作る事が出来ないというデメリットも一方ではあります。

 

東日本大震災の問題により自然エネルギーによる発電方法は今注目されてきています。風力発電や水力発電という方法もありますが、自然エネルギーの中では太陽光発電が効率的な発電方法といえるでしょう。

 

脱原発の動きも継続して行われていますので、太陽光発電による発電方法が主流になるのもそんなに未来の話でもないのかもしれません。

 

 

<< 埼玉県の補助金 | トップページに戻る | 太陽光発電の耐久性 >>