単結晶 多結晶 違い

単結晶と多結晶の違い

単結晶と多結晶の太陽電池の違いは何?

太陽電池には「単結晶」と「多結晶」という種類がありますがこの2種類は何が違うのでしょうか。

この2種類の大きな違いは太陽光を電気に変換する際の変換効率です。同じ電力を発電するのであれば単結晶の方が面積が小さくても済みます。つまり単結晶の太陽電池の方が多結晶よりも発電効率が高いということです。

名前から多結晶の方が変電効率が良い印象を受けますが実際には単結晶の方が変換効率は優れているのです。

ただ、問題は多結晶と比較すると単結晶の太陽電池は価格が高いことです。

そのため、この2種類どちらのタイプを使用するのかは屋根の広さによっても考慮する必要があります。

屋根の広さが限定されており、制限があるのであれば面積が小さく変電効率の優れている単結晶が向いておりますし、反対に屋根の面積に余裕があるのであれば多結晶タイプのものでも問題ありません。

値段と屋根の形状と相談しながら、適しているものを決める必要があるのです。

では、最近の世間の流れはどちらの太陽電池に傾いているのでしょうか。少し以前ですと太陽光発電は多結晶が主流でしたが、最近は有名メーカーからも単結晶のものが発売されております。現在主流の商品は単結晶に変わってきています。

変電効率が良く、また設置面積が限定される日本の屋根には単結晶タイプのものが合っているのでしょう。

単結晶型はそれだけでなく、天候による影響を受けにくい点も優れています。多結晶の場合、曇りや雨天の場合ほとんど発電することが出来なくなるのですが、単結晶の場合効率は落ちるものの発電を行うことが可能なのです。

単結晶を安く購入する方法

単結晶と多結晶の太陽電池の違いは何?

最後に単結晶なのに安く購入できる裏技をご紹介しておきます。それは海外のも製品を購入するという方法です。最近ではISソーラー(中国製)などから激安の単結晶の太陽電池が販売されています。中国製品でも気にしないなら、低価格で高性能な太陽光発電が設置できるのです。

ただ、太陽光発電は高額で、何十年も使う設備なので、必ず3社以上から見積もりを取るようにしましょう。たくさんの太陽光発電業者をご存知のない方は、太陽光発電の一括見積もりサイトなどを活用すると良い業者を見つけることができます。ぜひ活用してみると良いでしょう。


<< 耐久性について | トップページに戻る | 太陽光発電はいくら儲かる? >>